Atsuko's mind

画家&母の活動のご紹介と日々の想いを綴っています。*本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

コロナ自粛の日々に

 息子の小学校は、先週始まり、そして、またすぐに休校になりました。

 新しい教科書はピカピカで、優しさとか温かさとか正しさに満ち満ちて、平和の息吹でいっぱい。時間割や宿題をさせていると、元の日常に戻れたような錯覚が何度も起きました。世の中、何事もなかったか、大したことなく過ぎ去ったような気がしてくるのです。その立ち位置に、自分を持って行こうとする力が、自分の中に起きていることを、もう一人の自分が見ながら思いました。緊張感が解ける感覚は実に心地良く、このまま引っ張られたい、引っ張られたっていいよという気持ちになるのですが、つまり、これが正常性バイアスというものかなと。現実の不安からうまく逃れようとする脳の働きの一つなのでしょう。壊れないための素晴らしい能力。でも、今は、その力をしっかりと監視です。

 学校が始まっても行かせる不安が大きく、いつ自主休校にしようかと毎日悩んでもいたので、休校を決めていただけてホッとしました。しかし、一方で、息子が登校している間に溜まった事務的な用事を猛ダッシュだったけど終えることができた。これも安心な日常のための大事な用事だから、学校に行ってもらえて助かったと思う自分がいます。
 頭の中、良し悪しの物差しが入り混じり合っている。スッキリさせて理解したい思いが湧いてくるけど、今はそこも監視です。
 待った無しの現実、つじつまが合わないことも、そのまま受け止めて進む。

 
新聞で、カミュの「ペスト」が、今、流行っているとありました。名著を取り上げる番組で特集されたのは二年前だというのに「もし、僕がペストが蔓延している街にいたら?感染の危機があったら?という話ばかりしているのに、自分が感染させる側や見殺しにされる側にいる可能性の方をどかんと突きつけられます…」とのコメント。

 興味深いのは、ペストは何かという問いかけです。
 カミュはペストは自分の内にあると語り、見たくない現実と向き合うこと、その先に生まれる行動力について描いています。

 そして、同じ新聞の論説に「「打ち克つ」べきものがあるとすれば、人間の醜い部分ではないか」という言葉が目にとまりました。
 別の番組で、このパンデミックを予言していた学者が、オプティミズムではなくボジティビズムが大事で、ボジティビズムは行動を伴うものだとも語っていました。
 数々の、同じような意味を持つ言葉に出会うこの頃。
 自分に勝ちたいという思いで、この困難に挑もうと、心新たにします。

 今日は、とても爽やかな穏やかな春の日和でした。
 やはり、何も起きていないような思いになりました。


我が子を描くということ

 「消防写生大会」 のこと。←クリック

我が子は、どうしても描きたくなるものです。

子供は、美しくて可愛い。
この世界の神秘について、絶え間なく教えてくれる存在。

ただ、

それだけではなくて、

せっかく描くなら、母親ってものの目線を、うんとうんと探って、描きたいって思うんです。

この作品は、息子が書いた絵のことを自慢しているものに見える...?
かもしれない危険を冒しつつ、

育児の中の、
人対人の関わりの難しさを、
’待つ’という愛の作業の果てに、
ある日、突然、超えた!という、瞬間の感動を、
描きとめておきたいという思いで、

作りました。

---------------

息子は、私の前で、絵をあまり描かない子でした。
私が描く人だから、だったそうです。
子供の絵は生命活動。なのに、まさか私のせいでそんなことに。
我が子と絵でのコミュニケーションを、とても楽しみにしていただけに、
ショックでした。
しかし、受け入れるしかありません。

ところが、この写生大会で初めて熱中して描く姿を見たのでした。
押さえ込んだ衝動が、どっと出たかのような集中力。

その姿を、遠くからそっと、
夢中を止めないように、
小さなスケッチブックをそっと取り出し、
息子の後ろ姿を描き留めました。

辛抱強く隅から隅まで観察して、一番最後まで残って描き上げた消防自動車の絵。
私の育児生活の一ページを、色濃く彩ってくれた逸品です。





「杜から来た三人展vol.2」に寄せて

 令和元年9月24日から29日、広島三越7階美術画廊で開催の「杜から来た三人展vol2」は、奥田康夫氏(ガラス)、西村芳弘氏(陶芸)、私こと宮郷敦子(日本画)の異ジャンルグループ展です。今回は「広島」というテーマで、三人が一作ずつ制作しており、そちらも、見どころの一つです。ぜひ、お立ち寄りください。

 この三人展は4年ぶりの開催です。
 第一回は、お陰様で盛況のうちに終わり、すぐ次の展開へと動き始めていたのですが、思いがけず私が病気になり、計画がしばらく中断となりました。少し時間がかかりましたが、制作できるまでに回復し、今回の開催に至ります。奥田氏と西村氏には二人展で進めてくれたらという話もしましたが、辛抱強く回復を待っていてくれて、また三人でできることになりました。本当に、有り難く思います。また、画廊の方々や、そっと励まし続けてくれた家族や友人達にも、感謝の思いでいっぱいです。

 お客様や応援してくださっている方々に、要らぬご心配をおかけしないよう、心がけてきました。しばらくの時を頂戴してしまって申し訳なく思いますが、元気になりましたので、どうぞ、これからも、応援をよろしくお願いします。

 普段から精力的な活動をしている三人展の仲間をご紹介をいたします。
 奥田康夫氏(Glass art)。→クリック 

 西村芳弘氏(ceramic artist)→クリック

 どんな作品が観られるか、私も今から楽しみでなりません。

 ぜひ、24日からの三人展を、よろしくお願いします。
    

作品について

「オリオン」のこと。 ←クリック
絹に描いた作品としては、初のお披露目。これまで、夜空は何度も描いてきましたが、今回は麻紙ではなく絹に挑戦。麻紙では、絵の具を複雑に塗り重ねることで、抜けるような空気感を表現していました。一方、絹は厚塗りが向きません。できるだけ薄塗り少ない色数で仕上げる為に、墨と藍色のみで深みを出す工夫をしています。額装も良いですが、軸装もなかなか良いように思っています。


 「生まれる」 という作品の話 ←クリック
8年前に出産を経験しました。
妊娠もつわりも出産も授乳も、動物的神秘体験。
それは、たとえば、時間軸とか、天地上下左右などの位置とかが、普段と全く違う時空を生きている、そんな印象がありました。
よく描く厳島神社の回廊も、実は同じような時空を感じて描いています。


「厳島神社廻廊」という作品のこと。←クリック
以前、小品で描いた「眩」という作品を元に、大作(50号)で再挑戦してみました。
廻廊の光は金で表すことが多いのですが、今回は、前と違った空気感を出したいと、金を使わずに表現しています。


「刻々」 という作品のこと。 ←クリック

「伝説の空の道」という作品のこと。 ←クリック

展覧会のお知らせ

2019年9月24日〜29日まで、広島の三越画廊で「杜から来た三人展」を開催します。
会期中は、17時ごろまで在廊予定です。
ぜひ観にいらしてください。

三人展dm1

三人展dm2

オリオン
「オリオン」


生まれる
「生まれる」


たいせつなこと
「たいせつなこと」