Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ハーブティ生活

モーリスメセゲのハーブティをいただきました。
http://www.styleweb.tv/cosme/maurice/mauriceherb.html
リフレッシュブレンド、なんとローズマリー・野いちご・ペパーミントと、私の大好きスペシャルを知ってるのかという感じのブレンドです。

私はハーブティが大好きです。ペパーミントのお茶は常備しています。

日本の薬草茶はいただいてもハーブティをいただくことはほとんどありません。飲めない人も多いからでしょうね。

たしかに、私も苦手なハーブティもあります。シナモンが入ったものや、ハイビスカス、紅茶とのブレンド、または甘くしてあるものはちと苦手です。ペパーミントは大好きですが、苦手な人が多いですよね。ギフトに向かないのもわかる気がします。

まあ、それだけに感激~。気が利くお方~。偶然ですけどお~。


以前はいろいろ常備して、その日の体調に合わせてブレンドしていました。
ハーブの素晴らしいのは、その薬効。
私は相性がいいのか、効き目をよく感じます。

ローズマリーは頭がしゃんとします。
ペパーミントは胃もたれがなくなります。
カモミールを飲むとコテンと寝てしまいます。
リンデンは落ち着いてきます。

そんな楽しいハーブな生活、もう一度取り戻そうかな。
そんなことを思いました。
















スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

月の絵

なんでしょうか、月って女性そのものなんでしょうか。。。
描いてると、月に帰っちゃったかぐや姫の気持ちがわかる気がしてきます。女子の人にはわかる感覚なんじゃないかなあ~。

煌2


この絵はご注文いただきました。私自身が月に癒され、気持ちよく描きました。

気に入って下さるといいなあ~。

純金の月です。

煌々とムーンパワーを放って、その方のお部屋を彩っておくれ。


月って何度も写生しましたが、赤いのやピンクやオレンジや、青白いのやいろいろな表情があるんですよね。


次はプラチナや銀で描いてみたいです。
別窓 | アート | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ジョギング

健康増進、体力アップ、リフレッシュの為にジョギング25分しました

たったの25分です。

あとでだんだん具合悪くなりました。

ああ、なんかもう。

激しい運動に関しては、やり方に注意な私。

自分の身体の癖、いまだによく忘れます。

その一方で、いろいろとストイックなことは好きな方なんで、ついついキリリとやってしまいました。

というのも、足にオモリをつけて走りましたの。


オモリ、

買ったんです。

アディダスですわ。

カッコイイつもりだったんですわ~。







別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

天使をご懐妊

お友達のご夫婦、結婚5年目でついにご懐妊!
今日、嬉しそうにそう話してくれました。

おめでとう!

子供が出来るって、どんなんだろう。。。


すごいなあ。普通のことと言えばそうなんだけど、だけどやっぱり奇蹟だよ。


最近、バイオリズム的にはじっくり内観と蓄積との時間とみて、絵を描くのと同時に、いろんな勉強もしていました。昨今、教育がどんどん良くなっているのを知って、未来は明るいって感じました。失われたものを取り戻すために、たくさんのことが見直されている。天使のように天から使わされた子供もいっぱい増えているっていう霊的な話も聞いたりして。。。たしかに、モンスターペアレンツが育てているモンスターチルドレンもいっぱいいるのかもしれないけれど、実はそういうところにこそ天使が使わされているかもしれないし~。

これから先は子供が大人の先生になるのかもしれません。

いえいえいつの世も、そうかも。

天から舞い降りる天使、対面できる時を楽しみにしています。

      ムスヒ

      「産霊(ムスヒ)」




別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

森の声

なんだかアトリエで煮詰まってきたので、身体動かしたいしな~ってことで、えいやっ、っと宮島の大元公園まで行ってきました。
広島は恵まれていますね、市街地から一時間足らずで行ける原生林が数カ所あって、急に思い立ってお散歩感覚で足を運べます。
昨日の宮島の大元公園はどこの図書館よりも読書ができそうなくらい穏やかで清々しい空間でした~。
大元

暑くもなく寒くもなく、木漏れ陽が落ちていて、新緑が美しく鹿がのんびりと草を食べていました。そんな美しい風景も然ることながら、私はここの森の声が何より大好きです。もって帰りたいくらい。

以前、自分で録音機材を持って行ったことがあるんですが、帰って聞いてみたら自分の足音がたくさん入っていてビックリでした。ネイチャーサウンドを撮るのは難しいものですね。

ヘビ1


ヘビ2

ヘビが川の側にいて、川を泳いで渡っていきました。ひえ~~~っ。
おヘビさま~。こりゃ縁起がいいね~。
別窓 | 旅(日帰り) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なんてったってイチゴ

いちご、最近は年中売ってますが、やっぱりこの時期のイチゴは美味しい!
なんだかんだと毎日のようにイチゴをいただいています。

フルーツ界のアイドル~。


でもね、イチゴって写実的に描くのは、けっこうたいへんなんですよね。
三角形の形も、なかなかイカス形になりにくいし、表面のゴマみたいなの、一個一個凹んでついてて、イチゴの透き通った色だけでも難しいのに、この小さな凹んだところにも一つ一つ影が落ちててが、これを描きすぎるとグロくなるし~。

ということで、食べるのが一番なのだ。ははは。
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

尾道まで薪能

日本の古典を勉強し、感動する事しきりの日々。
薪能

先日の土曜、行ってしまいました薪能。しかも尾道まで。

しかしね~、雨だったんですよ
けっこう本降りでねえ

いやいや、日本の心は雨なら雨を楽しむというところにあるのだ!
と言いつつ、雨だけど今日は人が来るのかなあ?なんて思ってました。

が、まあなんと満席!?前に座っていたので後ろ迄は見えなかったんですが、見たところ席はギッシリでした。特設のテント屋根の下に折りたたみのパイプ椅子を並べてあるだけの、下手したら濡れるよーっていう席に、老若男女問わずギッシリで、雨なのに着物の人もいっぱいいて、すっごい楽しそーに始まるのを待ってる。

すっ、素晴らしい

雨だから少ない?なんて思った自分が恥ずかしいっす。

日本の人々、万歳ダネー。


能楽師-吉田篤史さんhttp://hananoh.kyo2.jp/演じる演目は「巻絹」、最初に増髪というお面のhttp://www.ermjp.com/noh/17th/midokoro.htmの説明がありました。説明はわかりやすく、一緒に唄も唄いました。楽しかったです。参加型の現代アートみたい。


舞が終ると大拍手。よかったですよ~


この度は、いろいろと学習したことも手伝って、楽しさ倍増でした。

なんてったって、本物を観るのはいいですわあ~。


別窓 | 旅(日帰り) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

古典劇の世界---能、狂言に学ぶ

絵巻物のお次は、古典劇を学び中。

ある時お能と狂言を観て、日本の古典の中にマイナスの美学を見つけました。
それは飽食と物質社会の中で枯渇する何か、であり、極めて新鮮な、また極めてこの世の本質を捉えていることを感じ、私の心を捕らえて放さないものがありました。
筋もルールも知らず見たときの、感動でした。

最近、ちょっとした出会いの中で、詳しく古典を学んでいます。
さらなる感動が開けていきます。

昨日の学習と感動を書き留めました。

-----------

能、狂言、文楽、歌舞伎と、4つの古典劇がありますが、同じ題材でも伝えていることが違っていて、時代性を読み取ることができます。

たとえばお能の「俊寛」というお話は平家物語を題材にしたものです。文楽でも平家物語を題材にして「平家女護島」という作品があります。お能では信仰心、孤独や絶望をテーマにしていますが、文楽では自主性と家族愛がテーマになっています。中世は宗教の時代で死生観深まる戦国時代ですが、近世では「家」の在り方や個人の意志、選択の自由、恋愛などを重視する意識に変っていったのです。


一方、4つの古典劇には、変らない共通しているものがあります。

<劇場>
劇場は、幕が開いた世界を覗き込むような形ではなく、天空の下で展開され、客席と舞台が一つの宇宙の中に包まれるものとなっています。

<芸と演技>
役者は自分が役者であることを隠さず、芸を用いて役と役者を同時に観客に提示し、観客はそこに幻想を作りだすのです。

<仮面>
仮面を用い、細かい心理描写をするのではなく、意識を身体の中心に据え、オーラを身体全体から発して観客と呼吸を一つにし、たぐり寄せまた届けるという、言葉にならない目に見えないものを伝えるという奇蹟を起こすのです。

<女形>
もともと劇は神に捧げた祭祀であったので、女は舞台に立つことができず男が女を演じることとなったのです。

<語り物>
つまり叙情詩です。世界が次々に変化して繋がっていく。言葉が二重三重に意味を連ね、世界の多重を描きながら、思いがけない転移を可能にします。それらは適度な距離を保ちながら、一体となる瞬間を味わう。そんな距離の美学があるのです。



そして、重要なキーワードは「変身」「変化」。
世界が変わり、人が変身し、心が変化する....

古典劇は、世界を描くと同時に、変身を実現させるものだという。

--------(演劇評論家の渡辺保氏による「演劇入門ー古典劇と現代劇ー」より、自分なりに要約して記しました)




昔と変わらない形で残っている古典劇が語るものは「変化」。
なんて...面白いんだろう。


いつも、厳島神社で同じことを感じます。
刻々と移り変わるもの(光、波、音、風、温度...)の中に包まれながら廻廊を歩いている私は、同時に何百年も前に生きた誰かも、同じものに包まれて歩いていたことを。

変らないものは何一つ無く、また、永遠に変らないものがある。


この矛盾は宇宙そのもの。

だから残ってきたんだなあって。

そしてそれこそが神の意思。


個人の人生も大きな宇宙と同じ。
守ることを目的とせず、変ることを目的として、自然に近づくのだ。
別窓 | アート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「冬のヒロシマ」とコメント

「冬のヒロシマ」
上野の森美術館大賞展出品作品100号

冬のヒロシマ

イルミネーションに彩られたヒロシマは、楽しい夢の世界。
甦った街ヒロシマ。文明力は人の無限の可能性を感じます。



一度死んで、再生する力

断食して健康に甦る身体にも似て、

人の知恵を超えるものがあることを知ります。

それは神の力で、生命の神秘。

身体の隅々迄、世の中の隅々迄、神が居る、神秘があるんだ。

いやむしろ、こういうところにこそ奇蹟が起きるに違いない。



ヒロシマは世界に向けて奇蹟を語る。

日々私達を包んでいる。

あれこれ悩んだとしても、

ひたすら懸命に日々を生きよう。

そしてその先には、奇蹟を起こす。
別窓 | アート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

高速バス

3日は福岡で展覧会のレセプションに行ってきました。

福岡までは広島から高速バスだと4時間です。しかしゴールデンウィークの道の混雑からバスが1時間遅れ、そして着いて路線バスに乗り換えたら今度は博多どんたく祭りで通りはまったく動かず。結局、計画よりも2時間以上遅れて着いてしまい講演を聞く事ができず残念。展示とレセプションは充分に間に合ったんですけどねー。

こういう時は新幹線にするもんなんじゃない?と夫。
たしかにそうなんですけど~~~。
どしても乗りたかったんだよお~~~。


実は高速バスに乗ったのは初めてです。学生の頃から一度乗ってみたいと思っていました。高速バスに乗ろうとすると、決まって親に反対されてしまい断念していました。今回乗る事にして、とっても楽しみ。思った通り、博多くらいの距離だとけっこう快適でよかったです。

というのも、私は新幹線の揺れが好きではなくて、特に「のぞみ」のあの独特の揺れはかなりダメなんです。東京に行く時はなるべく飛行機にします。でも大阪や京都となると新幹線になってしまうので、それだけでブルーになってしまいます。

最近、京都のお友達が、広島への帰省に好んで高速バスを利用していて、かなり快適なんだと言っているのを聞いて、その手があったか!と思う次第。さっそく博多行きでトライしてみました。


新幹線では絶対眠れないんですが、高速バスではず-と眠っていられました。


在来線の揺れは心地いいなと思うんです。

また、街の路線バスは横断歩道ごとに停まったりするのは苦手です

高速バス、今度は京都や大阪にもトライしてみたいです。

別窓 | 旅(日帰り) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

フェアトレードのラフィキ紅茶と森のコーヒー

最近は、フェアトレードの商品を好んで買っています。

昨日は近くのマーケットでラフィキ紅茶というケニア産フェアトレードの紅茶を買いました。http://rafiki.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html
やわらかくてよいお味。このやわらかさにどことなく愛を感じます。
もともとハーブティ派の私は、どうも紅茶は胃にくるのであまりいただかないのですが、これなら大丈夫な気がしました。


また、フェアトレードの品物で最近気に入っているのが「森のコーヒー」http://morinocoffee.com/
とっても美味しいです。

自然食をするようになってからというもの、コーヒーはほとんど飲まなくなっていましたが、仕事が変化とともに環境も変わり、だんだんとコーヒーをいただく機会が増えてしまいました。すると、あっという間に癖になってしまいました。これがコーヒーの怖いところです。でもね、元気がない時にドリップやサイフォンで入れたコーヒーを飲むと、ムクーッとパワーが出るのを感じ、コーヒーが元々はお薬だったことを身体で実感してしまうんです。とは言えやっぱり飲み過ぎるとよくないなあと思うし、どうせ元気パワーの為にいただくなら、品質のいいものにしたいと思ったのです。

ちまたの有名なコーヒーチェーン店の美味しいコーヒーは、農民が低賃金でこき使われているからあの価格を保っているとか、そんな話も聞いた事があります。食べ物には波動があって、その波動ごといただいているわけで、それが健康やエナジー、または精神にも影響しているって私は思っています。そう思うと、どうやってどんな人が作ったものかっていうことも大事だなあって。誰かが辛い想いをして作ったものには辛い想いが宿り、真心をこめて作った品物には真心が宿るって思うんです。美味しさってものも、舌や鼻の感覚だけではない、何か別の形でも受け取っているはずで、その感覚を研ぎすませていきたいって思います。

フェアトレードの品物を好んで買う理由はそこにあって、たしかに何かを感じながらいただいています。でもそれは「気のせい」というものかもしれません。でも空想だとしても、そんなことを思ってすごす独りの時間は、幸福で平安です。
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ウエストプラザサロンの展示換えをしました。

ウエストプラザの展示を一部換えました。コメントも新しく添えました。

「天使」空日記パステルドローイング
天使

空は様々な美しい表情を見せます。空を切り取って家に持って帰りたいと思って、空を描く様になりました。
空を描いていると、だんだん心が空っぽになっていき、ポンと閃きが生まれます。まるで天使から贈り物を受け取っている様です。

「古よりの来訪」30号変形
古よりの来訪

ある日、厳島神社を写生していると、鴉が廻廊を通り抜けていきました。あっという間のできごとでしたが、廻廊と鴉が美しくマッチしていて、厳島神社鎮座伝承に伝わる御鴉様が、遥か過去から現代へ、遊びに来られたのではないかと思えました。

以下の作品は、引き続き展示します。

「眩」10号変形
眩


「午後の廻廊」8号
午後の廻廊

ホームページ↓
http://web.mac.com/atsumiyazato/iWeb/Atsuko%20Miyazato%27s%20art%20work/exhibition.html
別窓 | アート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。