Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

FMはつかいちの生収録のお知らせ~エコな話

7月2日(水)19時から、FMはつかいち(76.1MH)のエコの番組に出る事になりました。

ですがなんと、ウチは山が邪魔してFMはつかいちの電波を上手くキャッチしません。という広島県内の、極めてローカルな話題です。車でちょこっと移動して、その番組を聴いてみたところ、なかなか興味深い話題満載。けっこうおもしろそうです。

しかし、

ちゃんと話せるかしら。

というのも、私自身、絵を描く時は脳の言語中枢じゃないところを使っているような気がしてて、ラジオのような、言葉を語ることでモノを伝える場所は、普段と違う表現の場だもんなあと思うのです。文章じゃなくて音だし。

なんせ生本番、上がり症だし...。前にテレビもラジオも経験させてもらいましたが、本番に弱いのがわかったし、リハ、または、いや、せめて綿密な打ち合わせをしたいところですが、気軽にお願いね~なんて言われてるので、どうもなさそうです。

そうは言っても、だんまりあっちゃんにならないよう、ちゃんと準備した方がいいし、と、まずは日頃思っている事を簡単に書き出してみました。頭の中が少し整理されてきて、偶然や思いつきに思えていたことも、意味在ることや繋がりを理解したりしたり、新しい創作の閃きがあったりで、だんだんこの機会も意味深くなってきました。言語ってすばらしい。


とにかく、楽しい時間となりますように!

ということで、近隣にお住まいのかた、お時間が合えば、ぜひお聴き下さいませ!



ここ数日は文字仕事が多くて、もじもじくん。

来週は、

せっかくのこの機会に「語り」をレベルアップしたいものです。

そして絵はぼちぼちピッチアップ。そして終らなかったデスクワークも来週こそは終了しますよーに。

その前に、
明日は休業~。おほほほ~









スポンサーサイト
別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

廻廊で5時間立ちっぱ

一昨日、梅雨の厳島神社に取材に行きました。
今回は能舞台を3枚と廻廊を一枚ほどスケッチ。

文化財の建物の美の魅力の一つに、とても美しい比率があり、これを意識することと、また、細かい細工もちゃんと観察して描くことで、臨場感が出てくると感じます。

それ故、とても時間がかかってしまう!

ということで、立ったまま5時間スケッチしました!

は~~~、疲れましたわ、しかし、根性



描いていると癒されてきます。

能舞台の細かい細工を横切る木目が、肌に当たる風と重なっていきました。
別窓 | アート | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

梅雨の最中のハレの日

梅雨の最中のジューンブライド、先日の日曜は夫の幼なじみ友人の結婚式で、夫婦で出席しました。

新郎のお姉さんは私と同級生、つまり私と幼なじみ。なにしろ、大人になった彼女と逢うのは初めて、二十年ぶり、いや三十年近いかも。でもすぐにわかりました!すっごく素敵になっててビックリ。同い年だし、私らまだまだ女盛り、オッケイじゃん~、なんて勝手に同志に思ったりして(笑)。


それにしても、幼なじみっていいものです。
年々そう思えて来ます。

「宮島っていいよね」って言った彼女の言葉には、私達共通の言語を感じてしまう。
宮島のいい面も悪い面も全部知ってて「いいとこだよね」って言ってるのがわかる。

幼稚園時代っていうとたいした記憶がないけれど、小学校はたくさんの思い出がいっぱいあります。彼女とは、たしかキャンプでキャンディーズを一緒に踊って唄った気が...。

低学年だと、授業中におしっこやウンチ漏らしたりする子もいたしな~(笑)
そう言う私も、一度おしっこを....(爆)。ウンチを連日漏らしていた子がいたけれど、私も低学年の時連日、給食をゲロゲロ(涙)。気がついたら治まってましたが、まあいずれにしても、子供特有の神経症なんでしょうね。今の子供達はどうなのかな?鼻水も垂れてないのでなさそうな気もします。

繊細な神経は、創造の源!
な~んて、先生やクラスメイトには、えらいご迷惑をおかけました。ごめんなさい。



披露宴では、
夫が幼いときの新郎の話なんてスピーチしてて「ああ、いいなあ」なんて思いながら聴いてました。

その頃には雨も上がり、高いリーガロイヤルのビルの窓からは、美しい広島市内の向こうに、雲に浮かぶ宮島が展望できました。

福祉の仕事をされてたという若い新婦さん。ムードも純粋で清らかなムード。よい方に巡り会われたなあって思いました。

末永くお幸せに~!




別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

手湿疹がつるんと!

なんと、20年患ってきた手湿疹が治りました。
初めてつるんとした手になりました。
右手

左手


素手で料理ができるー。
素手で洗剤使って洗い物がガンガンできるー。
力仕事してもパツンとひび割れないー。
絵を描く時に痛みを我慢しなくていいー。
洋服着る時にあちこちに血がつかないー。

あーうれしい。

とにかく、何をするにしても痛いし不衛生だし、いえ、何もしなくてもジンジン痛くて、ストレス満載な手でしたから、嬉しいのなんの。

昔から、
炭坑夫の手だの、
ミイラの手だの、
ETだのと、
親しい友に限って、こんな失礼なことをわざと言うし。
ふんだっ。器用な働き者の手じゃあないかっ。



ところで、
なぜ急に治ったかですが、
思い当たることは二つ。

1、ラクトールという乳酸菌生産物質というものを飲み始めた。
2、ここ一ヶ月、天然の朱(有毒)の絵の具を使わずに絵を描いている。

乳酸菌生産物質っていうのは、腸の中に善玉菌をどんどん増やすものです。

アトピーもそうですが、殆どの病気は腸の中に原因があって、腸内細菌の改革によって健康になれるのです。腸内細菌の種類をごっそり変えるには、生菜食療法や少食療法や断食療法が効果があります(西式医学、甲田式医学より)。

乳酸菌生産物質を知ったのははるか20年前のことです。難病の子供さんの家庭教師に行っていた時、お母さんが子供さんに飲ませていたのが、たしかこの乳酸菌生産物質だったと記憶しています。そのころはまだ普及していないもので、「宇宙の薬」って愛称で教えてもらいました(たぶん奇蹟の薬って意味で宇宙と呼んでいたんだと思います)。なにしろ一箱4万円くらいする薬でした。この子は何年生きられるかしら、なんてお母さんが言っておられたのですが、な、なんと病気は治り、背丈180センチ以上の健康体に成人、しかもイケメンに。グ~ッ!

最近、巷では乳酸菌生産物質というものが沢山売られているのを発見し、おーっ、これはあの時に見た宇宙の薬ではないか!と思い、試してみたのです。

ま、でも何が本当に効いたのかはわかりませんし、絵はまた天然の朱を使う作品に取り掛かる予定なので、楽観はできないですけど。うっ...

あと、お菓子を食べるとてきめんに手湿疹にきていたので、このことも注意深くいないとなりません。

ラクトールはもう少し続けてみます。
一年間出なかったら”わたしはこれで手湿疹を治しました!”って公言できるかな。















別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

先輩の死

実は4月に、慕っていた先輩が亡くなっていて、5月にご主人から連絡があって驚きました。10代20代の時に特にお世話になった方で、もう10年以上お会いしていなかったので、今年はお会いできたらいいなあ、なんて思っていた矢先の出来事でした。
供花をおくったら、彼女がラジオ出演をした時の声を録音したCDが、ご主人から送られてきました。

訃報を聞いた日、
CDを聴いた日、
CDに入れる写真が送られて来た日、

その度に泣けてしかたなかったです。

でも、私が最後に逢った時より、ずっと若々しく健康的な笑顔の写真を見て、いろんなご苦労話をお聞きしていただけに、ここ最近が特に幸せだったことを知って、とっても嬉しかった。

美大を出てから、出会うものに真摯に向き合いながら、自分がやるべきことを、やれることを、探し続けられていた姿を、正直に話してくれていたのは、考えてみたら彼女だけだった気がします。

すごく素敵な先輩でした。


生きる時間が長くなればそれだけ、たくさんの死とも遭遇してしまう。私自身、最近どうも元気が出なかったのも、このこともあるのかなあと思ってみたり。
でも、すてきな人の死は、「いかに生きるか」ということを同時に教えられる気がします。

最近、
もっともっと生に根ざした目標や、生きる意味を持ちたい、
とか、思っています。

たくさん素敵な生き様をみせてくれる周りの人に感謝し、自分の生きる選択をしっかりと決めて行きたいです。


彼女は日本画を描くことと、チーズを育てるということが重なって、最後はチーズのお店を開かれました。その姿のお写真は、私が今迄見た中で一番可愛らしい笑顔でした。


天国には一人、素敵な人が加わりました。
ご冥福をお祈りします。
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

梅雨の最中は

ここ最近、病気だったり入院だったり、原因不明に体調悪不良だとかのニュースが半端じゃなく続々と入ってくるもんだから、なんでかなあなんて思っていたら、私も先週の土曜から体調を崩し、アップダウンの日々でした。

梅雨になるとたちまち家に虫が出る。
目に見えない空気中のウイルスやらカビだって、この時期はウハウハなんだろうな。人間の身体は、そんなヤツラとエイサホイサと戦ってくれていて、それで知らないうちに身体グッタリなんてとこなんだろうか。

昨日は、ちょっとした油断が原因で胃がマックス悪くなって、一日中寝ておりました。

ようやっと回復。

まだちょっとヨレヨレ。梅干し粥しか食べられませんが、断食やら少食やらできて、頭と心スッキリ。ボチボチ日本画を再開。こういう時、描ける喜びは、ひとしおです。

今日の空は、また格別爽やかだったので、パステルのドローイングもしました。半月ですねー。

ソラ6/12












別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

子供お絵描き教室

先日、子供のお絵描き教室をしました。
子供教室08-5
今回は3人。
3年生のYちゃん、2年生のYくん、1年生のKくんです。

お題目は『ぼく、わたしはこんな場所で生活している』
ケニアとの国際交流です!http://rafiki.blog43.fc2.com/blog-entry-33.html
そうです! この絵はケニアのお友達にプレゼントしました! よろこんでもらえるといいね~!

みんな元気いっぱい描きましたよー!
ゆめちゃん08/5


良匠くん08/5


かずくん08/5


子供のお絵描きには、大学生の頃から関わってきました。
子供たちの大勢集まるお絵描きアトリエのスタッフとしてのアルバイトや、
ご病気の子供さんの家庭教師もさせていただきました。


その後、なんだかんだと教える仕事は途切れず、下は5歳から上は70代まで!様々、学校のお勤めも含めると、かなり幅広く絵の指導をさせていただきました。


そして今、いろいろ経験してきた私が、もっとも興味をそそられるのが、子供さんの絵のご指導です。

子供の描くという行為は、大人の絵を描く行為とは少し違っていて、より大事な生命活動です。

大人よりずっと経験値の少ない子供は、日々の経験の多くが感動です。
感動とは、喜怒哀楽の全部です。
子供だって、楽しかったり苦しかったり、嬉しかったり哀しかったり、いろいろある。抱えきれない思いを、絵を描くということで外に出し、そしてまた明日の感動へと向かうのです。

だから、描くのです。
だから、絵は語ってくれる、
子供達の、心の中を。

親だって周りの大人だってみんな、懸命に生きてる子供達の心に、そっと寄り添ってあげたい。


そんなときは、
絵が助けてくれるよ。

私は、そのお手伝いができたらいいなって思っています。




別窓 | アート | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

これなあに?

これってなんだと思います?ピンボケでごめんねー!
葉っぱ1

葉っぱ2








正解は
葉っぱ3

葉っぱ4

枯れ葉でした!


よく宮島の山で拾う、お気に入りの葉っぱです。
なんだか不思議な模様でしょ!えっ?キモイですか?!
いえいえ、
そんなゾクゾクが、興味をそそるでしょ~。
小さな侘び寂びに見える人もいる?
美しい、とか、神秘とか~。


私はこういうミクロな宇宙を見つめるのが大好き。

時も、物も、自己も、他者も忘れ、ただひたすら、不思議な国へと旅をする。
長い長い想像の旅。でも、それは時計で言うと何秒とか、または瞬きするくらいの時間。

前者は宇宙時間で、
後者は人間時間。

人間時間は人が作り出した架空の時間。
そしてその時間は、人を支配するよ。


だから、
時々、宇宙時間のあるところまで旅をしたくなる。

私は、けっこう頻繁にそこに行きたくなって、

時々、
行ったっぱなしでもいいかなって思う。

でも、
絵を描く為に、戻ってくるんだけどね。










別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

瀬戸田紀行

先日の日曜、瀬戸田に行きました。瀬戸田に住む日本画家のK君が、いろいろと案内してくれました。K君ありがとう!行ったことのない人にご紹介~。
極楽寺
極楽浄土の世界の耕三寺!K君は耕三寺の装飾を描いたり修復したりする仕事をしています。この装飾のどこかはK君の手がけたものです。根気の要る仕事ですね。

未来心の丘
総大理石でできた未来心の丘!

多々羅大橋
世界一の斜張橋、多々羅大橋!

瀬戸田海
多々羅大橋から見下ろした瀬戸内海!

他にも平山郁夫美術館(平山郁夫生誕の地です)、三重塔などなど、みどころ満載。

柑橘類と干し蛸があちこちで売られていました。
街の人もすごくいい感じ。
瀬戸田は、穏やかで平和な空気がとっても漂っていました。
平山郁夫先生の絵の息吹とも重なりました。



実は、K君と逢う前に町を散策。
自然もよかったのですが、瀬戸内の島にはこんなステキな街の癒しも沢山残っています。「さっちん」が出てきそう。(※写真家アラーキーさんの「さっちん」のことね)

欄干
この窓の高さで、こういう欄干が一番気持ちいい。でも今の建築の法律じゃ、危ないからっていうので作れないよ~。貴重だね~。

欄干
部屋からこの欄干越しに、通りを覗きたいね~。

選択
洗濯物がこうやって揺れてる空き地って、いいねーっ!















別窓 | 旅(日帰り) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。