Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ぼやき

土用干し、しなくっちゃなあ...
タトウ紙、買わなくっちゃなあ... いいかげん、着物のお世話しなくっちゃヤバイ。ムシがくる

耳の調子がおかしいのも、いいかげん病院行ってみないとなあ...

次の打ち合わせまでに資料もちゃんと整えないとなあ....

ああ、あの人に連絡、あの買物も忘れてた....

あっ、郵便出すの、3日忘れてんじゃん(汗)。


あれこれあれこれ.....ああ....




時間よ止まれ!!!



カチカチカチ......



ふっ...、


どんどん進むわいね~時間。



ところで私、ブログに絵のことを全然書かないもんだから、この人は絵を描いてるんだろうか?って思われてるかもしれないな。まあ、Atsuko's mind ってことで、絵を描くための心のありようというか、絵そのものとは別の形の表現もみたいなもんとして立ち上げてますんで、そこんとこどじょよろしく。


もともと描いてるとこなんて絶対公開したくない秘密主義。アトリエには鶴の恩返し状態に籠ります。しかし。たまに「あ~だれかフラッとアトリエに遊びに来てくれないかなあ、描いてる側で、話し相手になって欲しいよお」なんてことを思ったりするワガママもの。画材屋さんが「チワ~ッ」なんて突然配達に来てくれたりしたら「ワーイ!」なんて嬉しくなったりするかと思えば、「来週の◯曜の◯時に遊びに行くねー」なんて誰かに約束されると、気になっちゃって気になっちゃって「やっぱ、ムリ」なんて思ったりするのです。(苦笑)


ということで(なにが?!)、


たまには、
ここ数日間のアトリエ報告。



ここ数日間は、延々、延々、延々と下図を描いておりました。

更に言えば、そうとうなボツを出してる日々なのであります。

猛暑だし、失敗が続くとクサクサしそうになる、そんな心を、ご機嫌な音楽とかラジオとかで気を紛らわせたりしながら「今日こそは決まってくれい!」と願って頑張るのです。


で、

今日の収穫は...

明日この下図が仕上がれば7割は出来たってことで、しかし明日またボツれば7割マイナスってことになるわけです。

しかも、下図ですよ、下図!

描く前段階!!


プンプンッ!



このような日記を書き始めたら、私はそうとうキテるってことです。


ちょっとコンビニで涼んでくるかな。


寝る間際までトライの夜にします。
なにしろ、日本画は下図が命なのですから。






スポンサーサイト
別窓 | ぼやき | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

EM洗剤

今日、行きつけのエコなクリーニング屋さんで、EM洗剤を買いました。

EM菌で生ゴミを肥料に変える、というのを、十数年前に試した事があります。完全リサイクル!と意気込んだものの、あまりうまくいきませんでした。

かつてはエコといえば、面倒、手間、機能的じゃない、不経済、などといったカンジでしたが、ほんとにここ十数年でガラリと変って来た印象があります。聞いてみると、EM洗剤は普通に洗濯するように使えて、すすぎは一回でいいなど、すごく簡単。さらに、洗濯槽がよごれなくなる、エリソデ汚れが綺麗になる、柔軟剤がいらなくなる、界面活性剤をほとんど使っていないの、価格が安い!などなど、嬉しいこといっぱい。

先日は、友人に勧められて重層も買いました。実は重層、前も購入したんですが今ひとつ使い方がわからなかった。今度は用途をいろいろと教えてもらったので、再トライです。松居棒の松居一代さんも重層をよく使っていらっしゃいますよね。お酢と重層で生ゴミのヌメリが取れる...たしかそんなんやってたなあ。

日本画の絵の具ってのも、天然素材が主流なので、最近はよく、これも地球に愛、だよなあって思います。触れ合ってるだけで癒されるところがあります。パパッと手軽に描けないのが玉にきず。ま、手間ってのは、スローフードみたいなもんですね。


EM洗剤、明日からのお洗濯が楽しみです!





別窓 | 健康 エコ | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クォータリールーム

出雲大社に行った帰りに、松江まで足を伸ばし、友人が経営するお店、クオータリールームに寄ってきました。

センスのいい洋服が並ぶ夢のお部屋。
東京のキラー通りとか、青山や原宿、渋谷の小道にあるようなお店が、松江まで、ポンと抜け出して来た感じです。

なんと、店長は気に入ればどこからでも仕入れちゃいます。店内にはパリ直送の品々がたくさん! 見るだけでも、とっても楽しい!


q1 スパンコールの刺繍も入った贅沢なドレス、一押しに素敵でした。

q2 細番手のコットン生地、手触りと着心地がすっごくいい、可愛いチュニック。

q3 店長一押しのドレス。なんと手刷りプリントですが、版から手仕事という贅沢な生地を使った一品。

q4 q2 q6 なんと、皮のジャケット。凝ったデザインと皮の柔らかさと軽さにホレボレ。

q7 q8 q9
 ベルト(惚れたね。欲しい!)、アクセ(すっごい涼し気!欲しい!)、バッグ(なんと和装にも!欲しい!)も充実。

さらに、店長のセンスはエコ商品にまで及んでいます! ユーカリの木の天然素材から作ったCil(シル)で作った洋服は着心地満点の上、アトピーやアセモも楽になったとの声も。単なるエコじゃなく、エコ+ちょっとくらいのセンスじゃなく、せっかくなら徹底的にいいセンスのエコ!というこだわり!


地球に優しく、高い美意識へと誘う品々は、
店長のこだわりの心が隅々まで宿っていました。



私が買ったものは...へへへ、内緒です。


クオータリールーム
90-0015 島根県松江市上乃木3-13-20
TEL 0852-28-0288
【mail】topnotch_s@yahoo.co.jp
通販もあります。はっきり言って、実物のよさは写真をはるかにこえてます!









別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

出雲大社、ご開帳

出雲大社の本殿拝観に行って参りました。

写真、ビデオ、携帯写真の撮影も禁止。
ドレスコードもあって、ジーパン、サンダル、ミニスカートの人は入れません。袖なしのシャツもダメ。神様に失礼のない格好というドレスコードなので、お着物なんて最適ですが、さすがに盛夏だけあって、お着物の人は見なかったです。暑いので、私はワンピで行きました。ジーパンの人は全く受け付けてもらえないので、これから行かれる方は、お気をつけ下さいましネ。

19日は熱中症で倒れた人があったみたいで、水のサービスをしていました。7月のご開帳が終ったら、8月がラストチャンス。でも暑いので、これから行かれる方、本当にお気をつけ下さい。



本殿までの廊下、ぐるりと右から後ろに廻り、そして左から表迄廻って、それから拝観です。「廻る」これぞ日本の神々に出逢う為の禊で、パワーをいただける行為です。

廊下途中で見下ろしたお社の風景が、すっごい清らかでパワフルな気配があって、荘厳でした。こんなときは描きたくなりますが、とにかく観るのみ、心にシッカと焼き付けて帰りました。


そして、本殿拝観。オオクニヌシノミコトさまのお留守に拝観です。たしかに「いらっしゃらない...」って感じがしました。

天井には五色の雲が描かれていて、退色もせず鮮やかなままで残っていました。真ん中に、太っとい天の御柱がありました。



出雲は大好き。ゆっくり滞在したいところですが、日帰りです~。
休みも駆け足なこのごろです。いいようなわるいような...


昨日は宮島の管弦祭で、毎年行っています。今回は明るいうち、4時の神事に行って船をスケッチしようとおもったら大雨、我慢して描いてたらさらに酷い雨になり、スケッチ道具ごとずぶぬれ。

ん...

日本の神々に出逢う日々は、楽しです。

管弦祭なんてもう、廻って廻って廻って廻る....!


「廻る」→「入れ替わる」実は、私の作品のテーマの一つでもあります。




夕方、松江まで行って、友人の素敵なショップを訪ね、宍道湖の絶景、日没を拝んでから帰りました。

帰宅は0時過ぎ。

ん...

夏の濃い日、まだまだ続きます。


エイヤッ!!





別窓 | 旅(日帰り) | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

風見しんごさんを観るとき

夫の仕事の関係で、たまに夕方のテレビ番組を観ることがありますが、そこに風見しんごさんがレギュラーゲスト出演されています。最近、この人の姿を観るだけで「生きる強い力」のようなものを感じてしまいます。

交通事故で娘さんを亡くされて、どれほど辛いことだろうと想像を絶するなと思っておりましたが、この番組に最初に出られた時に「人生に対して、これまでどれだけ努力して来たかとか、どんな風に生きて来たかとか、そういうこととは全く関係なくやってくる不慮の事故っていうものがあるんです。しかし、決してあってはならないんです」と声を震わせながら言っておられ(※記憶の範囲なので言葉が多少違っているかもしれません)、その姿が本当に心に訴えるものがあって、私の心に深く深く刻まれてしまいました。

それ以後他の番組にしても、ドラマの中にしても、風見さんを拝見する度に、これを思い出し、励まされるのです。


風見さんの中での絶望との戦いは、他や社会に対して、この世に対して、また、自分自身に対して、あらゆることに起きるのではないだろうかと想像します。そんな中で前向きに生き、勇敢に何かを表現していこうとされている姿は、まさに絶望を超えていく姿に思えました。


日々、何かが起こるけど、努力で解決可能と思えるものなら、全然幸いじゃんか、って思えてきます。また、人生を重ねたらそれだけ、どうにもならないことにも出会いますが、風見さんを思い出すと「なんのその!」と力が湧いてくるのです。それはカラ元気やボジティブシンキングというものではなく、現実と真っすぐ向き合って生きる「勇気」に感じます。


広島は夏になるとヒロシマで染まっていきます。
原爆で破壊されたヒロシマも、絶望を超える力で甦りました。

私の中で、風見さんの力はそことも重なっていきます。








別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

シンフォニーになろう

昨日の午後は私の方が用件があって打ち合わせに行きましたが、思いがけずオファーを貰いました。

実はもう一つ、はっきり日程のお返事していない別件のオファーもあり、さらに、私の頭の中には、別ラインでもう一つ自分企画を構想していて、ちょっと目がパチクリしてきました。


ここ最近は、勉強と資料作り、その他はかなりの割合で主婦の仕事に従事していて、それらは全て必要でやらなければならなくて、いや、やりたくて、そうとうセッセとやっていたことですが、なんでも没頭する私、それでいいの?と誰かに、言われた感じです。


日常はもちろん、きっついことも、しんどいことも、たくさんあって、それだけに、楽しいことがやってきたら、とっても嬉しいのです。



「大事なことは、ジョン・レノンから聞いた。「人生ってやつは、こっちが他のことで忙しい時に決まってやってくる」。その通りだと思う。でも同じ様に大切なことは、さまざまな経験をする積極的な人生からこそ、いろんな道が開けるということだ。言い換えると、一つの音符でいるな、シンフォニーになれ、ということだ。(ジョー・フランクリン/トークショー司会者NY)」


昔みつけた言葉です。ソロ演奏系の私ですが、そろそろシンフォニーも奏でていきたいです。


さまざま、きちんと責任を果たして行きたいです。




別窓 | アート | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

3年ぶりの再会

昨日は3年ぶりにあるお友達に逢いました。彼女は3年間、一つの事に打ち込み、チャレンジするために猛勉強していました。一段落して、やっと逢えることに。

対等に話せて知的で美人の彼女は、私達夫婦の貴重な友です。
逢えなかった3年間であるのに、私は多くを学ばせてもらった気がしています。

自分を超えたいと何かをやり遂げようとする時、様々なことを振り切っていかないと、そうそううまくいかない、そのためにはそうとうな勇気も根性も要るものです。

しかしながら、長年、社会人なんてやってると、いろいろとムゲにできない関係もあるし、しがらみもあるし、もちろん快楽の誘惑にも負けてしまいやすい。叱ってくれる人も少なくなるし、集中力も持久力も体力も落ちるし。

結局、志を立てても立てても流されて、ついにできなかった、っていうハメになり、そのうち、諦める、なんてことに。


まだまだ私もやりたいことがあるなかで、彼女の人生の大きな試みと、その実行力と方法には、感動させられるものがありました。

久しぶりの語らいは、3年のブランクを少しも感じず、前と変らぬ楽しい時間でした。
そのことに対しても、ああそうか、そうなんだなあ、なんて思ったのでした。



別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

和田拓治郎「聖地に咲く絶望花」展

昨晩遅く、彫刻家和田拓治郎君の個展に行ってきました。

レストランバーで行われました。

HP
記事
ブログ

私は和田君の広島の個展は、よく観に行きます。

今回のは特に彼の作品と展示環境がみごとに一致していて、実に楽しく拝見しました。調子にのってビールをいただいて、ちょいと酔っぱらうともっと楽しい。このレストランバーのムードが、彼の作品とピッタリでよい演出効果でした。なんと20時からオープンとは既存の個展ではありえない時間帯。新しい試み好きなので、夜に展覧会に出かける感覚がとっても新鮮でした。

販売の方も大盛況、注文もたくさん入ってて、
なかなかやるね~!


国宝「餓鬼草子絵巻」から現代に飛び出て来た彼の餓鬼は、さまざまなポーズで現代を辛口に語っていきます。この切り口は楽しく、彼の独特の、一見毒々しい遊びの世界は、世の中への鋭い洞察の上に成り立っていると感じます。彼の作品から醸し出すユーモアは、退廃的ではなく、今を楽しく愉快に感じさせてくれていますが、それはこの世への深い愛情と未来への期待があるからのように感じます。

この聖地、広島というところは、原爆の破壊から力強い復興を遂げた街でありながらも、人々は弱々しい自尊心なんだよな~って思うこともしばしば。彼の作品を観ていると、この街のそこかしこには、精霊ではなく、こんな餓鬼がいて様々なポーズを取って、人々を苦笑していたり、元気づけようと笑わせてくれていたり、楽しいところへ誘おうとしているようにさえ思えてきます。大自然の中には精霊がいるとしたら、街の中にはこんな餓鬼がいると思うとピッタリな気がするのです。
病める?現代に、楽しい今と未来へと誘う毒気とユーモア満載の餓鬼達。


レストランバー「KoBa」にて開催中
7月17日まで 中区中町1-4 TEL 082-249-6556


様々な作家が様々な切り口で、世の中を、また個人の心を、ガツンガツンと語る、そんな作品をどんどん観たいなあと思っています。




別窓 | アート | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

熱い話

梅雨明け間近という暑さになってきました。

個人的にも熱い日々です。

腹から力が出て来たというか。


先日、ひょんなことから大学の恩師と宮島でお逢いしました。

かつてその先生に指導していただいた言葉の数々、なぜか心に響いていて、十年以上反芻してきました。先生に、あなたの絵は、◯◯はいいねー、でも◯◯な部分の研鑽は時間がかかるだろうね、と言われた事、それから10年以上の時を経て、後者の方の力がやっとついてきたなあと実感するようになりました。あの先生に言われた通りになったなあ!なんて思っていた昨今、ひょんなことから先生と再会だなんて。そしてもっと驚いた事に、最近、私が絵について次の試みとして考えていたことを、アドバイスの中でずばり言われてしまいました。なんで、私が考えていた事がわかったんだろう???とさらにさらにビックリ。

江原さんに見透かされたくらいの驚きがありました。
※江原さんに観てもらったことなんてないですが(笑)。観てもらいたいですが~(爆)。


大学の恩師は、どの先生も、お会いしたとき優しいなあと感じます。こっちはろくろく連絡もせず不義理ばかりしているというのに、嬉しい。


普段、親しい画家仲間ともなかなか逢う時間がないですが、お互い、日々自分の研鑽に費やしているので、逢った時は即、熱っぽい話になります。日本画制作の研究は、とても多くの時間と労を費やすので、それだけ数々の犠牲もあることを、お互い知っているからかもしれません。

先生とお会いしていろいろと話した時、たった数枚の絵の写真だけで、さまざま理解して感じてもらえたとを、私は信じられ、そして、そんな自分も、けっこう好きだなあと思いました(笑)。


暑くて熱い日々。

前回の日記にアップしましたが、生徒さんの県美入選で、教室が湧いたり、
十数年ぶりに恩師にあったら、シンクロが起きるし、
そして、土曜には小田和正さんのコンサートにも行って、感動していたり。

熱い日々。


これから暑い夏、本番。

追い風に乗って、さらにさらに熱くなりたい~!
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

生徒さん県美に入選! 

生徒さんが広島県美展に初入選されました。

出品の絵を始めたとたん、プライベートで辛いアクシデントが起きて、そんな中でしたが、涙を流しながら、また、何日も徹夜して頑張られました。そのこともあって、この結果には、私も含めクラス中に感動が起きました。

「宙へ」と題された生徒さんが描かれた絵は、歓喜に湧く広島市民球場の絵です。

広島カープも市民球場も、彼女にとって個人的にとても特別な思い入れがあるそうです。

市民球場というのは広島の人々の情熱と感動ステージで、原爆からの復興を遂げた、この街の情熱の象徴に思います。


クラスの人と分かち合う喜びが、広島の人々が共によろこぶ市民球場の意味と重なります。


共に分かち合える感動は、人と人が共に幸せになれる。
それは何よりも平和の礎だと、よく私は思うのです。



おめでとうございました!
------------------------------
広島県美展/広島県立美術館で13日まで。


別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

無事に収録終了~!

無事にナマ収録を終えました~。

「eko DE ナイト」(安田金属提供)という番組のゲストでした。

fmはつかいち


自然をテーマにした作品、それと変らぬ意識で描く厳島神社の作品、そして、ドリミネーションの作品の話などを、かなりコアなところで話をさせていただきました。また、フィンランドの旅の話もちょこっと入れて。20分くら喋りましたが、こんなに長いことラジオで話したのは初めてです。実に楽しかったです!

というのも、もう一人のゲストのラフティングツアーをされている吉村健次さんが、またとっても素晴らしい人で、お話は大変興味深くて、とてもよい刺激を受けました。
吉村さん

また、倉本さん、杉山さんという二人の素晴らしいパーソナリティの方にも支えられ、お陰さまでとっても好い時間を過ごすことができました!
倉本さん
杉山さん


倉本さんが、今日は内容が濃かったですねー!って最後に言われてました。
たしかに、全国の人に聴いてもらいたいなあってくらい吉村さんのお話は興味深く、私自身も、我ながら充実したメッセージをお伝えできた気もしました。

さらに、収録後は環境問題の話が盛り上がり、もっともっと濃ゆい話題に~!


ラジオって楽しい。

緊張?しましたともー!でも、それがよい楽しさを生んでくれました。じっくり落ち着いて話す事ができました

なんだかヤミツキになりそうです。

といっても、呼んでもらわないことには、出られませんね~(爆)。



今日も好い日でした。
グッスリねむります。おやすみなさ~い。



別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。