Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「宙の会」展が終わり...

「宙の会」教室展も無事終わり、ゴールデンウィークに入りました。

観にいらして下さった方々、お忙しい中、ほんとうにありがとうございました!


第三回「宙の会」展はかなり評判がよく、ほっと一段落。

ところで、「宙の会」の名前の由来ですが、”絵はその人の宇宙”という私の絵に対する想いが込められています。ですから、私の教室では、私の絵に準じて描くような指導はいたしません。その人の思いを主体に描いてもらいます。その分、個別指導になりますのでたいへんですけれど、創作の真の楽しみを掴んでもらいたいと思うのです。実際は、まだ基礎的な指導が多く、生徒さんにほんとうの楽しみを知っていただけるのは、これからといった感じに思います。

とは言え、この度の発表では実によく頑張ばられ、とても上達された姿を見せてもらえました。ご高覧いただいたお客さんの中には「素人の域を超えてる」という声までありました。「作品が欲しい!」という本気の声までありました。


正直、教室をやり始めた頃はどうなることかと思っていました。何年か教師をやっていた私は、カルチャー教室というものが教育の現場とは違っていたからです。やっとこのごろカルチャーの性質を理解し、教育と同じ「人を伸ばす」という方向で指導が出来る様になった気がしています。

単純に生徒さん達は、上手くなりたいわけで、自分が上手いか下手かがとても気になるようで、もっと気になるのは、人からどう思われるかのようです。そして、私に対しても、生徒さんが上手いと喜び、下手だとがっかりする、と思われるみたいです。でも、実は私が生徒さんに対して思うことは、上手い下手とはまったく関係なく、とにかく頑張る人に惹かれてしまいます。そういう人に出逢うと、私自身も逆に救われ、励まされ支えられます。

私の一番の望みは、生徒さんがお一人で描ける様になってもらうことです。これは私が要らなくなってもらうことで、寂しいことでもありますが、これが一番の喜びです。教育の現場が最初だった私には、人を教えるということとはそういうことだと思っています。


「宙の会」は三回目を終えました。これで一段落にという気持ちでいます。展覧会は自分で開くことはなにより楽しいことです。展覧会を催すための手順や段取りを学んでもらうことも、この会の一つの目的でした。これからは有志で集まってグループ展をされたり、個展をされたりするのが好いと思っています。私は、そのバックアップ、裏方にまわりたいと思っています。


ところで、この段取りの伝授は実は毎回とてもたいへんで、今回も特に連絡ごとがうまくいかず苦労しました。

イベントや仕事やするときは、伝達に関しては一番注意深くなります。その為に、例えば、的確にシンプルに伝える,複数なことや複雑なことは文章にして確認する,間違いのないようメモを取る,期日を確認する,電話番号は必ず口で復唱,...などということ工夫をして、ロスを最小限に抑えるよう努めています。

しかし、これらを行っても、伝わらないという事態に陥り、少々途方に暮れてしまいしました。

まあ、緊張もあるし、仕方がないことなのかもしれません。

絵を発表することの緊張と同時に、いろいろな段取りを進めることは、とっても大変なことで、私も個展の度にきつい思いをします。しかし、この苦労も含めて報われる喜びがあります。こういった、自分で責任を持つことの先にある喜びは、とっても素晴らしいもで、また、誰かと一緒に何かをやるときは、そこに築く信頼関係によって、喜びが何倍にもなります。

こうした個展、グループ展の喜びを、少しでも伝えることができたら、と思っています。


さあ、一段落したし、これから私は自分のことにも集中していきたいとと思います!






スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。