Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

赤ちゃんが産まれました!

我が家に赤ちゃんが産まれました!

1月14日の早朝5時33分に、自然お産で11時間かかって2852グラムの元気な男の子が産まれました。

先日お話しした奇跡、それは妊娠だったのでした。http://atsukogo.blog32.fc2.com/blog-entry-412.html

無事、出産しましたのでご報告します。「おやまあ!」と驚かれたことと思いますので、妊娠のお伝えをしていなかった理由を、少しお話ししたいと思います。



妊娠初期の頃、ふと動物になったような気がしました。

動物って、どこかいなくなったなと思ったら、ある日突然赤ちゃんと一緒に現れて、「おやまあ、子供を産んでる!」というふうに驚かされたりしたなあと、思ったのです。 そんなふうにそっと産んでみたいなって、思ったのです。

また妊娠中に読んだ本に、多勢に見守られるより密かに産む方が安産に繋がる、とありました。それで、なるべく密やかに動物みたいな出産を、帝王切開でなく自然お産をしたいと思いました。

かなりの高齢出産なので「帝王切開でしょ?」って当然のように言われたことも何度もありました。産院は幸い自然お産思考が強く、ありがたいことに高齢でも順調なら希望を充分叶えようとしてくれるところでした。

分娩台ではなく和室を希望し、部屋の照明は暗くしてもらいました。

夫の立ち会いは、動物的な話とはまた別ですが、私はぜひともと望んでいました。

立ち会いにもいろいろありますが、お産を一緒に手伝ってくれて、赤ちゃんと私と夫の三人の、初の共同作業となりました。


夫も私も、11時間は果てしなく長く感じましたが、どうやら平均以下らしく堂々安産なんだそうです。しかも、もっと長くかかると思われていたようで「案外早かったね!」とお医者様にも助産師さんたちにも言われました。

しかし私自身は、何時間もの陣痛の最中には、死ぬか壊れてしまうんじゃないかと思えたり、お産をずいぶん軽く考えていた!と思いもして、自分が無謀な選択をしたのではないかと、高齢の自然分娩のリスクを痛感していました。

ところが産んでしまったら、即座に陣痛の痛みの実感を忘れてしまったのです。たしかに死ぬほど苦しかったことは覚えているのですが、痛みの実感は即座に失われたのです。

なんとまあ!



産まれてすぐ、へその緒をつけたまま、親子の絆が深まると言われているカンガルーケアをさせてもらいました。そして、夫がへその緒を切ってくれました。

その後、夫は仕事に行き、私と赤ちゃんは、産んだ和室で4時間くらい二人っきりで過ごしました。その間に朝食が出てきました。ものすごくお腹がすいていて、すごい勢いでパクパク食べました。その日は一日中、病院の食事だけでは足りなくて、夫にいろいろ買ってきてもらっては食べ、食べても食べても足りないくらいでした。






今、育児がとっても楽しいです。赤ちゃんが泣いたって、可愛くてたまりません。
オムツ交換もお風呂も授乳も全部全部楽しくて、育児ってこんなに楽しいんだって、初めて感じています。

fuh1  fuh&atsu


スポンサーサイト
別窓 | 育児 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

常設展示終了のお知らせとご挨拶

 2006年より常設展示を行ってきましたウエストプラザ5階サロンは、残念ながら二月末をもって閉館することとなりました。 http://www.westplaza.net/f5.htmltv.yahoo.co.jp (広島市中区紙屋町2-2-2ウエストプラザビル5F  10:00~19:00 )
 
 これまで多くの人にご高覧いただき、また、たくさんの方にご感想や応援のお言葉をいただきました。いただいたメッセージは大切に保管しております。今、またあらためて拝見しておりますと、お一人お一人のお心が伝わり、あらためて感動で胸が一杯になります。 ほんとうにありがとうございました。

 また、サロンのスタッフの方々には、いつも心のこもったサポートをしていただきました。この場を借りて、深くお礼を申し上げます。おかげさまで、いつも気持ちよく展示をさせていたくことができました。また、お客様からのご伝言やご感想、記してくださったメッセージなどを、いつもとても丁寧にお伝え下さり、有り難く思っていました。皆様と関わらせていただく中で、訪れていただいた方にとにかく喜んでいただこうという、その心のこもった活動の姿勢、その努力の中から、私自身もたくさんの感動と発見をいただくことができ、多くの学びがございました。

 ここでの様々な経験が、これからも私の宝物となり、今後の活動と人生を、ずっと支え続けてくれることと思います。
 サロンを訪れて下さったお一人お一人の方にあらためてお礼を申し上げたい気持ちで一杯ではございますが、このような形でのご挨拶とさせていただきますことを、どうぞ御容赦ください。

 なお、現在は大作と小品、計6点の作品を展示しています。サロンでは今回初めて飾らせていただいている作品もございます。二月末まで、残り少なくなりましたが、ぜひこの機会に、お立ち寄りいただければ幸いです。
 皆様、これまで本当にありがとうございました。         宮郷敦子

http://web.me.com/atsumiyazato/iWeb/Atsuko%20Miyazato%27s%20art%20work/Present%20exhibition.html
別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

またまたすっかりご無沙汰してしまいました。

今年もどうぞ宜しくお願いします。


昨年は、一昨年末に過労で体調を壊したままお正月を迎え、療養治療から始まった年でした。

しかしその後、とても大きな奇跡がありました。

今年はそのことを、ご報告いたしたいと思っています。

それはまたあらためて。

それでは皆様、今年一年もお健やかに、皆様にとりましてよい年になりますよう、心より願っております。

別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。