Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「おかあさんといっしょ」

「おかあさんといっしょ」が始まると、赤ちゃんはテレビに釘付けです。

          おかあさんといっしょ

いろんな番組を見せてみたところ、なんてったって「おかあさんといっしょ」がダントツの一位!大好きみたいです!

グズグズ言うと、録画した「おかあさんといっしょ」を再生オン!

たちまち夢中になって、本人は、なんで泣いてたかは忘れてしまうようです。

中身はもちろん違うけど、私が子供時代にもあった番組、すごいですね~。




その間に、私は用事をちょこちょこっと。

テレビに夢中になっている間に、そーっと離れてキッチンへ。

うちはキッチンとリビングが離れているので、テレビはなるべく見せたくなかったのだけど、ちょこっと便利に利用しちゃってます。


しかししかし、

「わーっ」と泣き出した声に駆けつけたことも何度か!

覚悟はしていたけど~、ちょっとたいへん \(*д*;) /


最近のキッチンはとても散らかってます。
スポンサーサイト
別窓 | 育児 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

高齢ママの夏

この夏ほどしんどかったことは、これまでないかもしれません。

去年の夏の方がはるかに酷い暑さ、妊娠中の身には酷く厳しいものでしたが、育児中の今年の方が、きつかったです。

このごろ、秋を待ちわびながら、与力をふりしぼって過ごして頑張ってるカンジ(^-^; 。早く涼しくなあれ。

しかしまあ、育児というものは体力の要ることなんですね。年邸的なことか個人的な問題かわかりませんが、ここ数ヶ月間で産後によくある身体の不調は総なめした感じです。

先日、いいともに神田うのさんが出ていて、出産は大ケガと同じだと言ってましたが、ほんとにそうだなと実感です。育児は、その大ケガの回復が充分ないままに進めるってことなのですねえ。初めて知りました。子育てした友人が「お腹を傷めた子供」というけれど、ほんとは「身体を傷めた子供」が正しいと豪語していましたが、ほんとほんと。たしかに~。


それにしても、高齢妊娠出産育児だもんで、まことにきびしや。

この歳で授かると、子供が居るっていうことが当たり前じゃないので、毎日不思議な時間を感じています。


一五年以上甲田光雄先生の指導を受けながら身体を整えて来たけれど、体力には全く自信がなく不安だらけ。無事に産み、大切に大切に育てたいという気持はまったくブレることはありませんでしたが、今、現実となり、ここをどう乗り越えるかと奮闘中です。

こんな我が家にわざわざ産まれたいと思った赤ちゃん、ほんとうに生まれて来てくれてありがとう。



そんな私を心強く励ましてくれているのは、同い歳の妊娠仲間の存在。異国に暮らす同級生ですが、彼女もまたハイリスクな出産を乗り越えたのでした。

彼女の出産の直後に私自身の妊娠がわかりました。
もし彼女がいなかったら、もっともっと不安を感じていたことと思います。



彼女の赤ちゃんは一歳三ヶ月になり、元気にすくすく育っています!

今、それぞれの状況の中で、限界を超えて挑む日々。

高齢ママ同士、グチをこぼし合える友(笑)も神様は与えてくれて、大感謝です。




ああそれにしても、もう少しスタミナがほしいなあ。赤ちゃんといるのはほんとに愉しくて、もっともっと遊んでやりたいと思うので、こればっかりは悔しいです。




今、七ヶ月になりました。無事に元気にすくすくと育っています。

ニコニコキャッキャケタケタとよく笑いとても活発です。ズリバイと、まだグラグラだけどお座りも愉しめるようになりました。




高齢ママの育児、まだまだ始まったばかり。

とにかく、上手に身体を休ませながら、歩いていきます。




別窓 | 育児 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あかちゃんの不思議

うちの赤ちゃんは、よくニコニコするので、外ではおばさまキラーです。

こないだは、近くのマーケットの駐車場で知らないおばちゃんに声をかけられました。

「男の子?女の子?」って聞かれ「男の子です」と答えると、

「陰嚢がね、ころんとしてたら元気。

 だらんと伸びてたら、ちょっと弱ってるから水分あげてね。

 吊るし柿みたいになったら、大げさなこといって病院で早めに診てもらいんさいね。」

と言われた。

へー!


そういえば、だらんと伸びてたことがあったなあ。ふむふむそういうことだったのかー、と思い、それ以後必ず、おち○ち○をよーく観察しています。


そしてこのおばちゃん、赤ちゃんの顔に出ていた湿疹を見つけて、

「こりゃあゴーヤの葉っぱがええんよ。ゴーヤは沖縄の人の常備薬、葉っぱの煎じ薬は皮膚によお効くんよ。今度もってっきたげるけえ。」

と言って、携帯番号を聞いて去って行った。数日後、45リットルのビニール袋一杯の葉っぱを届けてくれたから驚いた。ゴーヤはこれから収穫だから葉っぱは採れないそうで、アジサイ科の別の植物の葉で、とっても奇麗で青々としていた。そして、有機人参3本もつけてくれた!


世知辛い世の中だけど、いいおばちゃんなような気がした。自然療法大好きの私は、疲れた身体に鞭打って、言われた通りにせっせと煎じ薬を作ってみた。赤ちゃんのお肌に付けたり入浴剤にしたり。


数日後、なんだかお肌がしっとりつるっとしてきた感じ。湿疹が劇的に治癒するってことではないんだけど、肌の色つやがよくなって、ちょっと驚いた。

そしてまた昨日、今度は少し乾燥させて保存が利くようにしてくれた葉っぱを、また大きなビニール袋に入れて持って来てくれた。今度はゴーヤとキュウリ付き!


お礼を言って名前を聞くと「そんなことはええんよ」と、さっさと帰ってしまうおばちゃん。

ふうちゃんの手相を見て「ああこの子は元気、大丈夫。頭もいいし、心も優しいよ」と言って私にニッコリしてくれた。

このごろ疲れが酷かっただけに、なんだかとっても癒された。



何者かなあ~、このおばちゃん。




赤ちゃんの湿疹のために、大家さんは何度もご自宅の枇杷の葉っぱ(枇杷も湿疹によく効くのです)を届けてくれたし、赤ちゃん、あんたは守られてるねえ。



ママはあなたと出逢えて、いろんな優しい人の心に出逢えて、この世界って思ってたよりも、ずっとずっといいところかも、と思いました。

ありがとう(^O^)/。

これからもよろしくね(^O^)/
別窓 | 育児 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。