Atsuko's mind

月・日別2019年09月 1/1

我が子を描くということ

 「消防写生大会」 のこと。←クリック我が子は、どうしても描きたくなるものです。子供は、美しくて可愛い。この世界の神秘について、絶え間なく教えてくれる存在。ただ、それだけではなくて、せっかく描くなら、母親ってものの目線を、うんとうんと探って、描きたいって思うんです。この作品は、息子が書いた絵のことを自慢しているものに見える...?かもしれない危険を冒しつつ、育児の中の、人対人の関わりの難しさを、’待つ’...

  •  0
  •  0

「杜から来た三人展vol.2」に寄せて

 令和元年9月24日から29日、広島三越7階美術画廊で開催の「杜から来た三人展vol2」は、奥田康夫氏(ガラス)、西村芳弘氏(陶芸)、私こと宮郷敦子(日本画)の異ジャンルグループ展です。今回は「広島」というテーマで、三人が一作ずつ制作しており、そちらも、見どころの一つです。ぜひ、お立ち寄りください。 この三人展は4年ぶりの開催です。 第一回は、お陰様で盛況のうちに終わり、すぐ次の展開へと動き始めていた...

  •  0
  •  0

作品について

「オリオン」のこと。 ←クリック絹に描いた作品としては、初のお披露目。これまで、夜空は何度も描いてきましたが、今回は麻紙ではなく絹に挑戦。麻紙では、絵の具を複雑に塗り重ねることで、抜けるような空気感を表現していました。一方、絹は厚塗りが向きません。できるだけ薄塗り少ない色数で仕上げる為に、墨と藍色のみで深みを出す工夫をしています。額装も良いですが、軸装もなかなか良いように思っています。 「生まれる...

  •  0
  •  0