Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

寂しい時間の始まり

知人のブログに「また一つ何かの扉を開けてみる!」ってあった。内容はちょっと違うけど、妙にこの言葉が響く今日だ。

先週の金曜、私のことをよく可愛がってくれた叔父が、突然亡くなった。お通夜にお葬式、お骨も拾わせてもらった。雷がゴロゴロ鳴った日はお葬式で、翌朝はカラリと晴れていた。起きて、叔父が居ない日が始まったことを感じた。新しい明日に向かって歩かないといけないんだなあって思った。

ことあるごとに涙が湧いてくる。あまりに突然だったし、無念な想いでいっぱいになる。ほんとうにたくさん愛情を貰っていて、たくさん心配もしてもらった。人は誰でもいつか死ぬものだから、突然だろうと、これが叔父の寿命で、神様や仏様、また、先に逝っている祖父や祖母が「ごくろうさん」と言って叔父を呼んだのかもしれない。フワフワと気持ちよく天国へと昇っていく叔父を想像したら、歩くのも一苦労だった叔父だったから、やっと楽になれたかもなあと思える。

でも、やっぱりもう一度逢いたかった。「ありがとう、心配かけてごめんね」と生きてる叔父に言いたかった。


これからは、叔父がいない日々を送るのだなあ...。ほんとうに、寂しい...。



今年は本当にたくさんの人を見送った。中でも、自分と深く関わった人との別れには、その度に、自分の人生を次のページに進ませないとならないのだなあと強く思う。それだけ、その人と関わった時間が輝いていたからで、できればその生活をずっと続けたくて、前に戻りたい気持ち、変りたくない気持ちになるのだ。だけど、別れがあって出会いがあって、生きるってことは、そうやって前に進んでいくことなんだろうし、心細くても、不安でも、前に進まないとならない。


叔父は役者のようにハンサムで、性格は温厚で、音楽を愛し、人と賑やかに過ごすのが好きで、日常はジョークに溢れていて、病床にあっても流行のギャグを噛ますような人だった。一方、大切な人の人生の為なら、寂しさを引き受ける人でもあった。それが決して楽な選択じゃないことも顔を見るとよくわかったけど、叔父の強さだと感じられ心に響いたことがよくある。

数々の叔父の姿が脳裏に浮かぶ。叔父が考えた意味不明のギャグの挨拶の言葉があって、私のにとっての叔父の遺品になった。


たくさん思い出してしまい泣けて来るけれど、涙で、描いている絵にシミができるようなことにならないように、頑張ろうと思う。

おじちゃん、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。感謝を込めて、天に届けと願って、ここに記します。
スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<個展の開催日時と場所 | Atsuko's mind | 合格おめでとう!>>

この記事のコメント

そんなにステキで仲の良い叔父様をお持ちだったことがうらやましいです。

ご冥福をお祈りいたします。
2008-09-23 Tue 17:31 | URL | ムラタヒロキ #j.d64WD2[ 内容変更]
それは大切な人を亡くされて心中お察しいたします。
ウチも夏にばあ様が亡くなりましてね、さっきまで笑っていた人が急に冷たくなる寂しさを思い知らされました。

謹んで、故人のご冥福をお祈りいたします。
2008-09-23 Tue 18:05 | URL | 銀蔵 #-[ 内容変更]
それは、さみしいですね・・・。
でも、人間のキャパの量は、ある程度だから、
何かを手放さないと次が入ってこないのかぁ
とか思います。

たくさんの愛情をもらったぶん、こんどはあっちゃんがあげる番だね。

おじさん、きっと見守ってるよ~v-10
2008-09-23 Tue 23:51 | URL | 栗 #-[ 内容変更]
やはり近しい方が亡くなられると寂しさははかり知れませんね。

僕も月初めに、20年お世話になった方が、突然亡くなられて、色々な面で頼りにしていましたので、悲しいのと同時にこれから行く方向性をアドバイスいただけなくなり、少し途方にくれている最中です。

葬儀が教会でありましたので、天にめされたという事になるのでしょうが、あまりに早くて、もう少しという気持ちでいっぱいですわ。

御冥福お祈りいたします。
2008-09-24 Wed 08:34 | URL | seattle #-[ 内容変更]
叔父の冥福を祈って下さって、ありがとうございました。
皆さんに心を寄せてもらって感動しています。とても励まされました。


ムラタヒロキさんへ
初コメ、ありがとうございます。
ほんとに素敵な愛らしい叔父でした。


銀蔵さんへ
そう、冷たくてビックリしました。ピクリとも動かないし。死んだんだなあって実感したんですけど、つい、まだ生きてるような気がしてしまいます。


栗ちゃんへ
ああ、そうですね。私がだれかにあげる番ですね。叔父がしてくれたようにね。


シアトルカフェさんへ
ほんと、だんだん上が減って下が増えて行くし、相談できる人生の先輩って徐々に居なくなりますね。自分が先輩になっていくってことは、ちゃんと生きないとなあって思います。既にバリバリいい大人なんですけど、もう子供じゃいられないんだなあ...、って思っちゃいます。





2008-09-25 Thu 01:00 | URL | あっちゃん号 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。