Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

春の寒さ

桜の開花がとっても早い、今年の春です。

しかしどうも寒い。底冷えというカンジ。
このぶんだと桜も長いこと楽しめそうです。


広島って暖かい印象がありますが、案外寒い。私は東京に長いこと住んでましたが、東京の方が寒いなんて思いません。

雪は、東京のはさらっとしていて積もり易いですが、広島のはベシャっとしていて、すぐ溶けてしまいます。簡単には積もりません。これって湿度の違い? 体感って、単に温度だけではなくて湿度も多いに関係しているんでしょうね。だからでしょうか、この時期、気温が高くなっっというにに、冷え込みに苦痛を感じることもあります。


去年の3月にはフィンランドに行きました。雪がとってもさらっとしていて、しりもちをついてもお尻が濡れたりしません。手袋についた雪も、パンパンと叩くとそれだけで落ちて、溶けて手袋が濡れたりしないので驚きました。

だからでしょうか、零下なのにさほど寒く感じませんでした。冷たい空気がとっても心地よくて、陽が当たるとポカポカします。「寒さってこんなに心地いいんだ」って思いました。

帰国した時、温度が10度以上違うというのに日本の方が寒く感じてしまいました。



今年の広島の開花は、宮島がずいぶん早いようで、他は5分程度だというのに、もう満開間近です。

今週末は、いよいよお花見で賑わいそう。

暖かくなるといいですね。



スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<展示換えをしています。 | Atsuko's mind | 暗い時に辻仁成>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。