Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

気持ちイイ感謝、素敵な感動

私、昨日お誕生日を迎えました。

まだまだ花粉を吸って、脳みそ春がすみ中ではありますが、誕生日を機にシャンとしたいです。


今日は、弁護士研修中のお友達と電話で話しました。聴けば聴く程、弁護士っていうのは奥が深い仕事だなあと思います。そして、人の汚い面を観る仕事でもあるわけなんだなあとも。

「医者か弁護士」なんてセットな言葉がありますが、この二つの職業は人並みはずれて勉強が出来る人じゃないとなれないものです。そしてその果てに、暢気で綺麗に仕事をするのではなく、どちらも人間の毒の部分を観る(診る)仕事で、心身共にタフな人でないとこなせないものなんだと思いました。真の強さを求められる。本当に大変な仕事ですね。


私達芸術家は、人間が生む社会の毒気や、肉体の毒気などを芸術という形で昇華させてみたり、また、その真の意味を問いかけてみたりしながら、共に未来の創造を考える、そんな働きかけをする仕事..

でありたい。できてないかもしれないけれど、

一つには、それを担当する仕事であるようにも思うのです。


弁護士なんてどこか別世界の人、みたいに思えていたのだけれど、彼女のことで身近になって、認識があらたになります。


この世にはたくさんの人が生きて、みんないろんな仕事をして、それぞれに役割があって、助け合いながら生きてるんだ、繋がってるんだなあ、と、実感します。


そう、感じるとき、自分の存在を自然に肯定できるし、自然に他者への感謝が生まれるな感じがあります。


正しさや、いい人としての感謝じゃなく、腹から、ごく自然に感謝ができることって、たぶん一番気持ちがよくて、礼儀作法なんかも自然の行いでできる気がします。


美輪明宏さんの本の中に、自分の中にはたくさんの顔や役割を持った人間がいる、それをいろいろ引き出せば、たくさんのことができる。それに気付けば、自己否定なんてしなくてよくなる、ってことが書いてあって、今日その箇所を見てて「ふむ~っ」て考えていました。


私の中に、まだまだ自分の知らない私がいるとしたら...、明日が楽しみになる。

それはとってもすてきな感動。


今日は少し、心に栄養と筋肉をつけられたかもしれません。

うららかな春、誕生日二日目の記録でした。
スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いよいよ教室展が始まります! | Atsuko's mind | 雪月花の数学>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。