米寿の現役女性

知り合いのお茶の先生が、今年米寿を迎えられます。

先日たまたまお話する機会がありました。毎日お茶の教室やイベントのお世話でとってもお忙しいので、今やりたいことが他にたくさんあるのに全然できないんだ、と話されました。さらに最近もう一つ、新しいお仕事を依頼されたんだそう。


わたしはずっと、暇を持て余しているご老人ばかり目にしてきたので、

「仕事が忙しくて本当にやりたいことができない」

なんて語る87歳のお婆ちゃんには驚いてしまいました。


そして、なんと裸眼で本や新聞を読むそうで、これにはひっくり返るほど驚いてしまいました。もともと老眼鏡をおかけだったんだそうで、眼鏡もたくさんお持ちなんだそうです。しかし、だんだんいらなくなっていったから、引出しに全部仕舞ってある、と言われるのです。

良くなっちゃったんですって。そんなことってあるんだ!


そしてさらにこんな話も...

「人生に行き詰まると年上の人が書いたものを読むんですよ。新聞の広告で見たりすると、すぐに本屋に買いに行くんです。」



”年上”
”人生に行き詰まると”

.....。



ビックリ度 --- ダブルのでんぐり返し。



さらに、さらに、

「自分の将来の為に...」

っていう文句まで出てきました。



ビックリ度 --- 逆立ち笑い。




ああ!なんてすばらしいんでしょう!

本気であやかりたいです。

生涯現役っていうのは、こういうことなんですねえ。


お話ししている時に携帯に着信が入り、お忙しそうに仕事の打ち合わせをされました。
メールも入ってきました。


しつこいですが、今年米寿の女性です。


ふんとにもう~~~、もっと頑張れあっちゃん~。

奇跡は起きるってことだぜい!

スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ