FC2ブログ

「黄金の時」

ブログを長いことお休みしました。

今、ウエストプラザ5階サロンで、展示中の作品は全部で5点。その中から2点をご紹介します。


「黄金の時」3号

黄金の時/携帯jpg


「寅」ミニアチュール絹本軸装

寅1(小)


干支というモチーフも、絹に描くことも、ほとんどありません。これは今回特別。ちょっとした御縁があって描きました。

絹地に描く技法は、水墨画のようにふわっとしたタイプもいいけれど、伊藤若冲の絵のような、薄ぬりなのに色も形もバシッと強く決まってるのって憧れます。日本文化にこだわり、現代の絵の具は使わず、昔から伝わる絵の具だけを使って、薄塗りで強い発色になるように描いてみました。

はりこに、土鈴...をたくさん集めている画家友からお借りして描きました。どれも猫みたいです。実は日本はその昔、トラは伝説の動物でした。だから、京都のお寺の襖絵などにたくさん描かれているトラの絵は、本物のトラではなく、ネコを見て描いたものなのだそう。ですから、現代の民芸品の寅がネコっぽいのは、その名残なんだろうと思うのです。


*展示していませんが、こんな仲間も。何枚も並べると可愛い~。

寅3(小)

寅4(小)

横向きも!

寅2(小)

スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ