Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「奇跡のリンゴ」

先日、映画「奇跡のリンゴ」を観ました。

おすすめの感動映画、素晴らしかったです。
不可能だと言われていた無農薬リンゴ栽培に取り組む中での、失敗と挫折を乗り越え、成功へと向かう実話です。役者も素晴らしく、ユーモアがあり楽しく、また、泣けました。

自然に添う生活を推奨する映画でメジャーなものは、もしかしたら、初めて観たかもしれません。私自身が自然食や自然医療の世界に出会ったのは、もう18年も前のことになりました。その頃は、かなりマイノリティで、仲間も少なく寂しかったけれど、メジャーな映画の存在に、世の中がすっかり変わったんだなあということを実感してしまいました。

最近では、人々が普通に暮らす街のあちこちに、また、繁華街にも、自然食のお店やレストランが増え、そのようなものを扱ったメジャーな雑誌も登場するようになり、自然農の野菜の販売の車にも遭遇します。育児生活の中では、自然育児や自然お産がどんどん増えていることを実感しました。今ではすっかり仲間に恵まれました。(ここではよく書いている話ですが)

しかしながら、そういった生活の中での手応えを、確かなものにするためには、豊富な知識とたくさんの努力がいることで、だからといって結果は、そうそう理想通りにはいきません。ただでさえ忙しい現代人が、こんな手間のかかる道を実践する人が増えてきた背景には、現代なりの深刻さや不安感があり、新しい意味での信頼や感動を、求めているからにも感じます。

奇跡のリンゴの開発者である木村さんは、とても勤勉でユニークです。
これって特別な人のようで、実は、これこそが日本人の根底に流れている気質なんじゃないかと、私は感じています。また、これこそが、厳しい時代を乗り越えて行く力に繋がるものだろうとも、思ったりするのです。

奇跡のリンゴのような、新しい技術開発や経済システムは、逆境を乗り越え不可能を可能にする力の証。それは、これからの日本の大きな国力になり、私たちを支えるプライドに、繋がって行くような気がしました。

とても元気が出る、素敵な映画です!

http://www.kisekinoringo.com
スポンサーサイト
別窓 | エッセー/日々と心の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<森のようちえん体験記 その1 | Atsuko's mind | 第4回宙の会展>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。