Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

森のようちえん体験記 その1

 先日、いくつかある「森のようちえん」のうち、徹底した見守り保育をするという森のようちえんに、初参加してきました。

 子供が、自分自身の力を出せるように手助けをする、そのために大人はなるべく口出ししない、というものです。

 ここの園児は10人程度、さまざまな年齢の子が一緒に活動をします。
 この度のゲスト参加は、息子と同い歳の男の子T君の二人。始まって早速、T君は自分の背丈よりも長い棒を拾って、振り回して遊び始めました。しかし、棒が、息子の手や足に何度も当たるのです。息子は、泣きそうな顔で私にヘルプを求めてきます。しかし、森のようちえんのルールで、私は中に入ってくことはしません。T君の親もT君に「止めなさい」と言いません。「棒を人に向けない」という森のルールだけ教えて、他は子供に任せ、大人は見守るのです。

 T君は、延々棒を振り回して遊ぶのが楽しくて仕方が無い様子。しかし、その度に息子の身体に当たり、息子はなんでこんな思いをしないといけないんだと、何度も泣きそうな顔を私に向けてきました。

 しかし、保育時間も半ばにさしかかる頃、遂に息子は「やーめて!」とT君に吠えたのでした。その後は「いやだ!」「しないで!」と思いの丈、気持ちを伝えました。棒を振り回していた子は、ただ楽しく遊んでいただけのつもりだったので、ビックリしていました。思いがけない息子の反撃に威圧されてシュンとなった場面も見受けられましたが、またしばらく経つと、二人は仲良く遊ぶようになりました。

 その後、別の場面で、年上の子が息子をからかいにやってきました。おそらく、小さい子を遊んであげようという気持ちだったのだろうと思いますが、息子にとっては彼の好意にいい気持ちがしなかったらしく「イヤだ」「やめて!」と言って反撃。すると年上の子はからかうのを止め、別の遊びを探していました。

 こうして、自分たちで問題を解決し、終わる頃には、ゲストも園児達の中に自然にとけ込み、みんな仲良く遊びました。子供達の表情はナチュラルで健全な自尊心に溢れ、お互いを認め合えている様子が見受けられました。

 その後、息子に「自分の気持ちが言えてよかったね。勇気を出して言えたね、頑張ったね」と言いましたら、とても満足した誇らし気な顔をしてくれました。その表情がは、2歳にしてはとても立派に見え、私自身もとても嬉しい瞬間を味わえました。

 実は、何度も助けを求めてきた息子に「イヤだったらイヤと言っていいんだよ」と、自分の気持ちを出していいという助言してしまいました。しかし「どうしたらいいのか考えてごらん」と言えば良かったと、すぐに反省。そのことすら、自分の力で見つけ出せたなら、息子自身の感動や達成感は、もっともっと大きいものになったに違いありません。私も、まだまだだの育児です。

6493.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 育児 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<森のようちえん体験記 その2 | Atsuko's mind | 「奇跡のリンゴ」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。