Atsuko's mind

本ブログの無断引用、転載は著作権法違反です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「永井博士の平和のバラ」紙芝居・その1 完成披露・児童への読み聞かせ会

紙芝居1

 私が主宰する絵画教室「そらの会」で、この度、広島・長崎原爆都市青年友好平和のバラ保存委員会からのご依頼により「永井博士の平和のバラ」紙芝居制作を行い、原画とシナリオの制作をさせていただきました。

 来月7月5日(雨天の場合は8日)10時00分~11時30分に、バラの保存会(略称)による児童への読み聞かせお披露目会が開かれます。場所は、広島県広島市中区大手町 平和のバラ植栽地(ホテルサンルート広島の北東側)、永井隆博士のバラが植わる場所で、本川小学校4年生を対象に上演されます。お近くをお通りの際は、ぜひご一緒に、紙芝居の上演をお楽しみ下さればと思います。
 この紙芝居は、広島市こども図書館への寄贈される予定です。

 被爆後の広島と長崎には、復興の為に働く青年団ができました。永井博士は、それぞれの青年団に向けて、平和の願いを込め、バラの花を贈られました。ここに植わるバラはは、広島の青年団に贈られたものです。バラの生育は難しいのですが、広島の青年団でもあった故正本良忠氏が造園の専門家で、大切に守り育ててこられたおかげで、今日も奇麗な花を咲かせ続けています。

 ところで、永井隆博士のことを皆さんはご存知でしょうか。ご年配の方は、知らない人はいないほどの著名な方です。しかし、若い世代には、あまり知られていないようです。
 紙芝居のご依頼をいただいた時、これほどの人のことを知らない人が増えていることへの危機感と、子供達に知らせたいという熱心な思いを伝えられました。
 
 私たちのとても身近な場所に、永井博士を知る手がかりがあったことなど、そらの会の皆も私自身も、まるで知りませんでした。人知れずひっそりと生き続けたバラの中には、永井博士の平和への願いと、守り育ててきた人の次世代の人々に託す思いが宿っています。

 紙芝居は、そんな永井博士とバラのお話です。
 子供達の心に届くものが出来上りましたかどうか・・・お披露目会での子供達の反応が楽しみです。

(つづく)
スポンサーサイト
別窓 | おしらせ(展覧会、その他) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「永井博士の平和のバラ」その2 コンセプト | Atsuko's mind | 日本画体験会のお知らせ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Atsuko's mind |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。